Archive for December, 2010

December 31st, 2010

不言窯 訪問 Fugengama Visit (Part 3)

立派な不言窯と小林さんの最新作の大きな窯をじっくり見学させてもらった後はその横にあるアトリエの中を案内してもらいました。

This is Kobayashi-san’s atelier. It was fascinating to see his work space filled with lots of paint brushes, books, tools and machines. This is where all his beautiful art work begins and gets finished.

机の上には何十本、何百本もある筆をはじめ、あらゆる種類の道具がありました。

私には陶芸の道具のこと等全くわからないけど、昔から絵画は好きだったのでこんなに沢山の筆等が並ぶ机を見ているだけでわくわくします。

小林さんご本人がいらっしゃらなかったのが残念でしたが、今まで陶芸作家さんの作業場を見たことがなかった私にとって、こうして実際に道具や機械が立ち並ぶ舞台裏を見れたことはとても新鮮でした。

窓際に沿って長い作業台があり、窓から入ってくる光がこのアトリエ全体を明るくしていてとても落ち着いた雰囲気のある場所でした。ちょうど椅子に座ってまっすぐ見上げると窓の向こうに広がる自然豊かな景色が楽しめるようになっている設計デザインがとても素敵です。

こうして今回小林さんの作品が生まれてくる作業場を実際に見ることが出来てとても楽しかったです。私は何に関しても「舞台裏」というものにとても惹かれます。昔から映画を見てもそのメイキングを見る方が何十倍も面白く、モノが出来上がっていく過程を見るのが大好きです。

こういう所からあの素晴らしい作品が生まれてくるんだ〜、とわかっただけで私は大満足。

陶芸は今まで習ったこともないけど、前から挑戦してみようと思っていたので今回をきっかけにまた更にその願望が強くなりました。

小林さんの家の周りには沢山の割木が積んであり、とても素敵な風景に囲まれています。

–もっと写真を見る。See More Pictures.

Tags: , , ,

December 28th, 2010

不言窯 訪問 Fugengama Visit (Part 2)

さ、小林さんのお庭をぐるっとまわった次は「不言窯」を見せて頂きました。

「不言窯」は小林さんの自作で、赤松の割木で1週間ほど焚き続ける古式の穴窯のことです。

After walking around their house and the garden (see Part 1), Mrs.Kobayashi took us to the garage area to show the Anagama kiln (an ancient type of pottery kiln), which Mr.Kobayashi built and named as “Fugen-gama”. His anagama is fueled with Japanese red pine firewood. The length of the firing depends on the volume of the kiln but may take anywhere from 48 hours to 1 week or more.

「これはアメリカのお客さんから注文がきたのよ。」と奥さんが青いビニールをばさっとはがしてみせてくれたのはこの大きな壺でした。

小林さんの最新の作品だそうです。この大きさと鮮やかな信楽焼独特の発色、間近で見るとかなりインパクトあります。

These huge pots are the artist’s latest work for his private client. They were absolutely impressive! and I loved the natural Shigaraki colour and the green glaze on the surface.

I saw another big one still in the kiln.

窯の中にはまだもう一つ大きな壺が入っていました。

小林さんにとってもこんな大きなの壺の作成は、この登り窯でも出し入れが厄介でかなりの挑戦になったそうですが、結果は見ての通り本当に立派でした。

信楽は、付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄で知られています。長い歴史と文化に支えられ、伝統的な技術によって今日にも伝えられて、日本六古窯のひとつに数えられています。

信楽の土は、耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、「大物づくり」に適し、かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性でもあります。

信楽特有の土味を発揮して、登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいが特色で、土と炎が織りなす芸術として“わびさび”の趣があります。

Shigaraki (the south of Shiga prefecture) is surrounded by mountains and red pine is the native plant there. Red pine contains resin good enough for fueling kilns and it was a luck for pottery making at Shigaraki. Also the local clay is one of the best as it is fine and hard with small pebbles of feldspar and less iron.

Shigaraki ware is admired for the unexpected finish performed by the Nature. Small pebbles of feldspar come out to the surface when fired and create inartificial rugged touch. Ash from the wood fuel fuses with clay and turning green or brown gives the random ash-glaze effect to the pieces.

ビロードの流れ方もとても素敵な作品です。

–もっと写真を見る。See More Pictures.

Tags: , ,

December 26th, 2010

不言窯 訪問 Fugengama Visit (Part 1)

Posted in Japan 2 Comments

父の仕事のコネのおかげで今回の旅行中、信楽焼の小林勇超(弘幸)さんの不言窯を訪問することが出来ました。

長い歴史のある信楽焼は数多くの名工と呼ばれる陶芸作家を輩出してきたことでも知られ、小林さんは現在も活躍中の信楽焼の匠の一人です。

残念ながらご本人は個展のため留守でお会いすることはできなかったけど、奥様がご親切に案内してくれました。まずはご自宅の方でお茶をごちそうになり、父は昔の仕事の思い出話等に花を咲かしてました。小林さん作の素敵なお湯のみで飲むお茶はひと際美味しいもんです。

Visiting some Japanese ceramic artists was one of the highlights of my holiday in Japan this time.

We came to visit Mr. Yuchou Kobayashi, one of the greatest Shigaraki-yaki masters in Japan. My dad has known him for years through his business and I was lucky to view his gorgeous house/atelier and his self-built huge kiln called “Fugengama”.

Mr. Kobayashi was attending his own exhibition somewhere that day, so I couldn’t meet him unfortunately, but his wife was kind enough to show us around their place. The tea served in the cup made by Kobayashi-san tasted exceptionally wonderful! (The orange one in the photo above.)

家の中にはあちこちに信楽焼の素晴らしい作品が飾ってありました。

His work neatly displayed everywhere.

日本の家ってやっぱりいいね〜。

I love the old authentic Japanese houses like this.

裏庭を通っていくと倉庫らしき建物があり、ここの扉を開けると、、、

大きなガス窯があります。

This is his gas kiln stored in a shed in their back yard.

地面を見ると欠けたとっくりや陶器の破片が草に混じって落ちてたりします。

–もっと写真を見る。See More Pictures.

Tags: , , , , , ,

December 25th, 2010

Merry Christmas

メリークリスマス!

Tags: , ,

December 23rd, 2010

Sukeroku (Weekend Trip Part 9)

Posted in Food, Japan 1 Comment

滋賀県に来たのは信楽の陶器巡りをしたかったからという私のわがままもあり、たまたま父の出張等も合わせて今回旅行についてきたわけです。もちろん陶芸も色々見てきて楽しかったけど、なんといっても父の長年の仕事を通じて知り合ってきた人たちとの出会いが一番面白かった。

Shiga prefecture has a town called ‘Shigaraki-cho” and it’s well known for their rich history of the ceramics called Shigaraki-yaki. My dad particularly likes Shigaraki ware and it was very fascinating for me to visit the places and the people that he’s known for a long time through his business this time.

ここは信楽にある知る人ぞ知る(父曰く)超隠れ家的存在のお食事処「助六(すけろく)」さん。昔から父は信楽に出張に来る度にここによく訪ねていたそうです。この日は定休日だったにも関わらず、父が電話を一本入れたらお店のご主人さんが気前よくお店を開けて待っていてくれました。

This is a tiny little restaurant called “Sukeroku” in Shigaraki town of Shiga prefecture. My dad used to come here often when he visited this town on the business trips. It was one of the places my dad was looking forward to coming back to this time after many many years. They were supposed to be closed that day, but my dad phoned earlier and the owner kindly opened the shop and waited for us.

自分の父親の店を継いだというご主人さん(7?歳)、店の内装は今でも懐かしい日本の食堂らしい良さがたっぷり残っていました。壁にかかっているメニューは当時のものそのままで、今では値段を書き直して紙を貼付けてあるけど、当時は20円、50円ほどでうどんが食べれたそう。

The owner is in his late seventies but he seemed so much younger. He took over his father’s business and kept the restaurant here. The menu signs on the wall are the originals except for the prices. A bowl of Udon soup used to be only about 50 cents!

妹がメニューを選んでるとこ。My sister deciding what to eat.

私は鶏肉のうまみがたっぷり入ったおうどんを頂きました。

I ordered Chicken Udon soup. It was one of their recommendations and it was delicious!

ねぎもたっぷり。表面がとろ〜りとしておいしかったー。

父も「おいしいやろ、ここ」と満足げに嬉しそう。確かにここの家庭の味はまね出来そうで出来ない美味しさ。

Love this lamp shade.

店のご主人は気さくな方でさすが関西人、語り方がうまく笑いが絶えなかったです。

有名なアーティスが来た時の話や,宝くじが当たった時に地元の学生達を集めてぱーっと飲みにいった時の話、おかみさんと出会った時のエピソードなど、ほんと色々楽しい話を聞かしてもらいました。

父もこんなとこよく見つけたな〜、ほんと。「どうしても行きたい」と言っていたのもさすがにうなずけました。父が連れてきてくれなかったら一生知ることのなかった信楽の隠れ家食堂。食事を食べ終わったあとも心に暖かさが残る素敵なところでした。

ごちそうさま。

The owner was hilarious and he had a lot of good stories to tell. (such as… about a guy who used to hang out at his place who he found out much later was a very famous artist, how he spent all his money on booze with the local students in one night when he won a lottery, and the charming episode when he met his wife, etc….)

It was a complete accident how my dad discovered this place first, but now I know why it’s been his little favourite secret spot ever since.

助六食堂

滋賀県甲賀市信楽町長野835-3

電話:0748-82-0314

Tags: , , ,

December 21st, 2010

Inaka (Countryside) (Weekend Trip Part 8)

Posted in Japan No Comments;

Shiga Drive from Natsumi Akatsuka on Vimeo.

滋賀県の田舎町を車で通った時の風景をちらっと撮ってみました。

We were driving through the countryside of Shiga Prefecture. I love the sceneries of Japanese countryside.

ガソリンスタンドで止まった時に目に入った古いラジオとぞうきんがなんだか懐かしい感じでした。

Tags: , , ,

December 20th, 2010

Biwako (Weekend Trip Part 7)

Posted in Japan No Comments;

琵琶湖ホテルから見た景色。(A view from Biwako Hotel.)

朝ごはんたべたあと妹と部屋でだらだら。

My sister and I were just being lazy after our huge breakfast.

昭和9(1934)年10月、琵琶湖ホテルは風光明媚な水辺の景勝地として知られる大津にリゾートホテルとして開業したのがはじまりだそうです。設計は、大阪中之島の中央公会堂、東京神田の再建ニコライ堂などを手掛けた建築家、東京美術学校の岡田信一郎(1883-1932)氏の事務所に委託され、弟の捷五郎氏が担当、柳が崎の景観と調和した桃山風破風造を特徴とした昭和モダンなホテルとして設計されました。当時の宿泊料金はシングル5~15円、ダブル8~22円、食事料金は朝食が1円、昼食2円、夕食2円50銭という設定だったとのこと。戦後進駐軍に接収された時期があったり、時代の変遷の中で滋賀県の迎賓館として長い歴史を持つ日本のホテルの一つですね。

日本で最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖は、滋賀県にある湖で世界有数の古代湖でもあるそう。京都,滋賀や大阪の貴重な水源地でもあり、「近畿の水がめ」の通称でも知られてます。江戸時代中期には、その形が琵琶に似ているということで「琵琶湖」と呼ばれだしたそうです。

Lake Biwa (Biwa-ko), formerly known as Ōmi Lake, is the largest freshwater lake in Japan, located in Shiga Prefecture(west-central Honshū), northeast of the former capital city of Kyoto. The name of the lake came from the four-stringed Japanese lute called Biwa in Edo Period. Because of its proximity to the ancient capital, references to Lake Biwa appear frequently in Japanese literature, particularly in poetry and in historical accounts of battles.

The area of this lake is about 670 km². Small rivers drain from the surrounding mountains into Lake Biwa, which serves as a reservoir for the cities of Kyoto and Ōtsu and is a valuable resource for nearby textile industries. It provides drinking water for about 15 million people in the region. Lake Biwa is a breeding ground for freshwater fish, including trout, and for the pearl culture industry. (Wikipedia)

Tags: ,

December 19th, 2010

マザーウォーター Mother Water (Weekend Trip Part 6)

さ、お寺参りも終わり夜はホテルでのんびり夕食。その後「映画でも見に行こう」ということになり、たまたま見たいと思っていた「マザーウォーター」が近くの映画館でやっていたので家族みんなで見に行くことに。

We had an early dinner at the hotel and decided to go to see a movie together. I think it was actually the first time for all of us (my parents, my sister and I) together to go to a movie theatre. Strange!

I was so happy that they were playing “Mother Water”.   I really wanted to see this movie !

Mother Water

The movie is set in Kyoto, Japan. The title of the movie refers to the city’s large river (Kamo River) & waterways with the bulk of the movie revolving around the daily lives of three women and their interactions with other members of their town.

The water is a prime importance to the key trio of characters, Setsuko is the owner of a bar that only serves whiskey. Takako opens a coffee shop. Meanwhile, Hatsumi owns a tofu shop.

Their neighbors include Yamanoha who works at a furniture studio, Otome who runs a public bathhouse, Jin who works at the public bathhouse and Makoto who takes walks near the area.

今更「マザーウォーター」のことをブログで書いてるのは私ぐらいだろうけど、いやーほんと良かった。

この手のシリーズどれも良いね。のんびりほんわかしてて、でもちょっと切ないものもある感じ。日本の情緒あふれるシーンの中のシンプルな会話とか大好き。細かいとこまでセンスが良い。それにまた食べ物がどれもおいしそう。

いいねえ、こういう風景。

この映画を見終わったらやたらウィスキーが飲みたくなったし、お豆腐もお醤油をちょっとたらしてシンプルに食べたくなった。

This movie made me want to eat freshly made Tofu every day, have a little bit whiskey at night,  and enjoy a cup of coffee on a sunny Sunday afternoon.

「あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。」か、なるほど。

I like the subtitle of this movie, “Take only what matters to you to tomorrow.”


Tags: , , , , ,

December 17th, 2010

石清水八幡宮 (Weekend Trip Part 5)

Posted in Japan No Comments;

この日の最後に寄ったのは”やわたのはちまんさん”で知られる石清水八幡宮。ここも両親が今回の旅行中どうしても行っておきたいとこの一つでした。京の裏鬼門、厄除けの神、勝負事の神として信仰を集めることで有名で、信仰熱心な父にとってここは「神頼み」の重要な場所。妹と私の今後の安全も祈ってちゃんとお祓いもしてもらってきました。

石清水八幡宮は京都府八幡市の男山山頂にある神社で、宇佐神宮筥崎宮とともに日本三大八幡宮のひとつに数えられてます。二十二社の上七社の一つであり、旧社格は官幣大社。本殿などの建造物16棟等が国の重要文化財に指定されているそうです。

We also went to Iwashimizu Hachiman-guu on the same day. It’s a Shinto shrine in the city of Yawata in Kyoto. Dedicated to Hachiman, the Shinto god of war, it stands on a wooded hill to the south of the city of Kyoto.

This shrine is one of the three great government supported honoured shrines (Hachimangu) of Japan. (It ranks with the Usa Jingu of Usa in Oita Prefecture and the Tsurugaoka Hachimangu of Kamakura in Kanagawa Prefecture.) It was founded in 859 during the Heian period. The shirine was greatly venerated by the court and imperial family as a shrine to guard the country.

The present main shrine was built by the third shogun, Tokugawa Iemitsu, in 1634.

この「南総門」は他の主要な社殿と同様、寛永11年(1634年)に三代将軍徳川家光によって建造されたものといわれていて、重要文化財に指定されています。

This architecture is called ‘Hachiman Zukuri’ and is surrounded by 180-meter-long balcony. Sculpted in the gorgeous Momoyama style, the entire building is designated as an Important Cultural Property by the Japanese Government.

私達が行ったこの日はちょうど七五三のお参りに来ている家族連れでにぎわってました。

私も小さい時こんな着物着せてもらったなー,としみじみ。

Some families were celebrating their kids’ Shichi-Go-San.

Shichi-go-san is a festival celebrated by parents on the fifteenth of November in Japan, to mark the growth of their children as they turn three, five and seven years of age. Shichi-go-san literally means “seven, five and three”. These ages are considered critical in a child’s life in Japan. Particularly, at the age of seven, a young girl celebrates wearing her first obi.

I remember my grandmother dressed me in a beautiful red kimono when I was seven and it made me feel very special for all day long.

「南総門」をくぐると参道奥に回廊に囲まれた「社殿(本殿)」が見えます。

Tags: , , ,

December 15th, 2010

永源寺 2 (Weekend Trip Part 4)

Posted in Food, Japan No Comments;

さてお土産屋さんの誘惑を振り切りながらやっとメインの永源寺に着きました。

永源寺とは、滋賀県東近江市にある臨済宗永源寺派本山。紅葉の美しさと、コンニャクでも知られてるそうです。

1361年(康安元年)に当時の近江守護・六角氏頼により、正燈国師寂室元光を開山として開創されました。
開山当時の永源寺は、五十六坊の末庵と2000人の修行僧を抱え、応仁の乱の頃には京都五山の僧が難を逃れてやってくる大寺院でしたが、1492年(明応元年)および1563年(永禄6年)の兵火で焼失し、衰微してしまいました。
寛永年間に別峰紹印禅師やその弟子・空子和尚によって再興され、当時の高僧であった一絲文守禅師が迎えられて伽藍が整えられました。

「方丈」は本堂ともなっていて、1765年(明和2年)の再建。本尊「世継観世音菩薩」を安置する、葭葺の大屋根が見事な建物が印象的でした。 (下の写真。)

After walking through the trail filled with the gorgeous Momiji trees, we finally got to see Eigen-ji.

Eigen-ji :  One of fourteen autonomous branches of the Rinzai school of Japanese Zen, founded in 1361 by the lord of Ōmi province—Sasaki Ujiyori. The temple is located in modern day Shiga prefecture of Japan. It was a popular destination for members of the Five Mountain Schools of Zen during the Onin War of the 15th century. After a series of fires that burned the place down during the late 15th and first half of the 16th century, a newly installed Abbot named Isshi Bunshu restored the temple and is commonly referred to as its second founder. Today it is the head temple of the Eigen-ji branch of Rinzai Zen, and governs more than 120 temples and one monastery. (Wikipedia)

紅葉の色が真っ赤だけではなく緑、黄色,赤と混じっているのが良かったですね。

さ、お昼の時間です。お寺のすぐ近くにあるこじんまりしたお蕎麦/うどんやさん。

おばあちゃん二人でキッチンの中で忙しそうにしてました。

Lunch time. We found this little soba/udon kitchen run by two grandmothers. Cute!

ひとつひとつ心のこもったお蕎麦を作ってくれました。

きつねそば。山菜とおネギもしっかり入ってました。

Sansai Kitsune Soba.

七味もぱっぱと。

Shichimi (seven flavour chilli pepper) adds a nice little flavour in the soup.

これは地元で作っているきゅうりのお漬け物。おいしかったです。

They shared us some cucumber pickles that they made locally and organically there. Delicious!

–もっと写真を見る。See More Pictures.

Tags: , , ,