Archive for January, 2011

January 30th, 2011

Daidokoro (Kitchen)

Posted in Food, Japan No Comments;

父が「男性のためのお料理教室」に通い始めていたのを知ったのは去年帰国した時の11月でした。

実家に帰った時にせっかくだからと張り切って得意のレシピを引っ張り出して作ってくれたのは「ビーフストロガノフ」。「ス・ト・ロ・ガノフってなんか言いにくい名前やな」と言いつつも「なんか洒落てるやろ」とちょっと得意げな父。

「人参は面取りちゃんとせなあかん」と丁寧に包丁を動かしています。

ここで母もちょっとヘルプに参加。我が家でお料理教室になってました。

授業で教わったことを思い出しながらのクッキング。ぶつぶつ独り言が多い父を見ているのが面白かった。

父はどうやら作る過程よりも盛り付けの方が好きらしい。目つきが違いました。

そんなわけでシンプルで素材の味が生きる茹で野菜がこちら。

バターでしっかり炊き込んだご飯はちょうど良く焦げ目を残して、その横にとろ〜りビーフストロガノフがそえられました。父の手料理は野菜の切り方も盛り付けもどことなく不器用なわりには変に几帳面な感じがしました。でもそこが「いい味」なんです。

タマネギもマッシュルームもやわらか〜くまろやかにお肉と絡まっていてほんと美味しかったです。

心のこもった「家庭の味」が一番いいですね。

It was about a year ago when my dad started taking the cooking classes. I’m not sure what inspired him, but he enjoys learning how to cook and my mum seems to like the idea very much. He goes to the classes once a month and practices the recipes again at home whenever he can. I went home on my holiday last November, and he was excited to show off his skills? (achievement) to me. It was “beef stroganoff” with a simple dish of vegetables. It was a big success and delicious. Home cooking is the best!

Tags: , ,

January 28th, 2011

Kingyo

Posted in Japan No Comments;

Kingyo = Goldfish

前回日本に帰った時に通りがかった金魚屋さんの店の軒下。なんとなく金魚が欲しくなりました。

Tags:

January 27th, 2011

Artistic Frame

これは先日NYにある古本屋でたまたま見つけた本です。

椅子のフレームを作っている会社のカタログのような本だと思いますが,私はこの本の古めかしい白黒写真とデザインに惹かれたんです。

しかもたったの1ドル。これは見っけものでした。

This is a book I found in NY the other day. I was really attracted to the old and strange but rally beautiful black & white photos. The chair frames look like they’re dancing or talking to each other in this book.  It probably was just a catalogue (it has a price list at the back.) but I loved the design and even the thick textured paper of this book. …and it was only $1!

こんな感じで中は全て椅子、ソファ、テーブルとベッドのフレームの写真ばかり。ちょっと不思議な感じの写真の撮り方が面白い。見てるうちに椅子がどこからともなく音楽と合わせてくるくる回り出しそうです。

どこかのクリーニング屋さんの伝票発見。誰かが忘れてず〜っと挟んだまんまだったんですね。

After I came home, I found a piece of receipt paper from a dry cleaner stuck in the book, which looks as old as the book. Someone was drawing a picture and taking some notes on its back. I find things like this charming sometimes.

その裏には誰かが残したソファの寸法のメモがありました。

Tags: , , , , ,

January 26th, 2011

NY 5

NY最終日の午前中にふら〜と寄ったこのカフェ。ここがすごく良かったんです。

ユニオンスクエアのそばにこんな素敵な所があったとはびっくりです。

ドアを開けて入ると細く狭いレジカウンターと美味しそうなスコーンやマフィンが並ぶガラスケースがあって2、3人立ってるだけでもうぎゅうぎゅうでした。すぐ目の前に階段があったので二階に上がると、そこには一階の慌ただしさと打って変わって静かで穏やかな部屋があり、入ったとたんに「ここだ」と思いました。

古い家具とぽつぽつっと置かれた小物が絶妙に良い感じ。なんだか懐かしい気持ちにさせてくれる所です。私はコーヒーを頼んでここで空港に向かうまでの1時間をここで過ごすことにしました。

ちょうどお昼の時間になったのでランチもオーダー。この日はまともに朝ご飯食べてなかったのでこの目玉焼きが嬉しかったですね。シンプルイズベストな一品です。

またこのオレンジの花のさりげなさがい〜。

ここは内装もすごく素敵だったしメニューにも目が止まりました。表紙に焼き印で店名が押されているのにはハッとさせられましたね〜。こういう良いディテールが最高に好きです。

お店の名前は「Thé Adoré」。どういう意味かな、と思って調べたら「Adored Tea」(熱愛するお茶)ということらしい。今度行った時は紅茶を頼まないと。

The Adoré

17 E. 13th St., New York, NY 10003

Tags: , ,

January 25th, 2011

NY 4

ここはとあるデザイナーさんのショールーム。彼自身のコレクションと繋がりのあるストーリーあるドキュメンタリータッチの写真をすっきりした白い壁にシンプルに飾ってあるのが良かったです。商品だけでなくデザイナーの仕事場の空間の使い方とか見れるの好きです。

日中は色々とサンプルと生地を見て回り,色を決めたりと、、、。

この日の夜は、NYで私の大好きなお店の方達と一緒に「えん」という素敵な日本食レストランに行ってきました。

お勧めしてもらった「接吻」という名のドリンク。私の大好きな柚子としそがうまーくブレンドされたカクテルでほんと危険なくらい美味しかった。

おだしでしっかり茹でられた枝豆。一味違う〜。

このお豆腐はここでのお食事のハイライトでしたね〜。たっぷり豆乳に浸かったお豆腐はもちろんここで新鮮に作られていて、きめの細かさと口当たりの滑らかさがほ〜んとお上品。あの枡ごと一人で食べれそうなくらい幸せなお味です。

ここは器の使い方も素敵なので見た目にも美味しさ倍増です。

最後は鴨そばでしめです。お蕎麦やご飯もので食事の最後を締めくくるというのは日本人同士ならではで味わえる楽しみ方なんじゃないかな〜と思う。最後まで大満足。

この日、「しゃあしゃあとしている,って言葉がぴったり合うよね。」って言われていまいちそれがどういう意味がピンとこなかったんですが、あとで調べてみたら「厚かましくて、恥を恥とも思わないで平気でいるさま。」ということらしい。えええっ、、、(汗)。

ま,確かにそうですね。

Tags: , ,

January 24th, 2011

NY 3

そうしてNY三日目も慌ただしく過ぎて行きました。この日は夜から降り積もった雪と朝からの雨で地面がぐしょぐしょ。ちょっと長靴を履いてる人が羨ましかったり。

展示会中心にまわっていたので目に飛び込んでくる情報の多さに刺激を受けますね、こういうとこは。

寒〜い日だったのでやっぱりもこもこニットに目がいってしまいます。

さ、夜はいつも仕事を通じてお世話になっているデザイナーさんにアッパーイーストサイドにある日本食レストラン「どんぐり」に連れて行ってもらいました。

ごま豆腐。このシンプルさがたまらなくいいんです。

新鮮なお刺身。盛りつけ方もすてき。

揚げコーン。さくさくしてる天ぷらとコーンの甘味が絶妙に美味しい一品。これ一人でぺろっと食べれます。

最後は抹茶アイスでしめさせて頂きました。やっぱり日本食はいいね〜。

ロゴのどんぐりの絵もかわいいこのレストラン。こじんまりしたとこだけどいつもすっごく込んでるみたいです。どれ食べても美味しいです。また食べに来たいとこの一つ。

Tags: , ,

January 24th, 2011

NY 2

私はセレクトショップのバイヤーもやっているんで今回の出張では展示会やショールーム等での買い付けが目的でした。1月のNYはメンズマーケットを中心に色々見て回ってきました。上のディスプレイ、セーターも横のテントも良いけど「編み物」が気になった。

夜はたまたまバーブアーのショールームでのパーティーに招待されていたので一人で恐る恐る行ってきました。予想はだいたいついてたけど、こーんな感じでスーツを着た貫禄のあるおじ様達であふれてました。私はちょっと場違いな気もしたけど、ここに呼んでもらっただけで大感謝です。

お、やっと若い人たち発見。奥の3人組はシアトルのメンズセレクトショップのバイヤーさん達です。手前のおっちゃんの目線こわ〜。

人間観察だけでもかなり楽しめてしまったこのパーティー。勉強になりました。

キッズの長靴かかわいいな〜、と。この後は急いで次の目的地へ。ディナーです。

ここはチェルシーにある「Blossom」という名のベジタリアン/ビーガン専門のレストラン。一緒に食べに行った中で誰一人としてベジタリアンでもビーガンでもないってのが面白かった。

何を頼んだらいいのかわからなかったのでお店の人にお勧めを聞いて「じゃ、それで。」と。美味しかったですよ〜。出張中は体力も使うし野菜不足になりがちなんでこういうチョイスもありです。

January 23rd, 2011

NY 1

Posted in Travel 1 Comment

1週間ほどNYへ仕事で出張に行ってたのでブログの更新がかなり遅れました。

NYにいる間2回くらいどっさり雪がふり歩きづらい日もあったけど雪のつもった街の光景はそれでそれで良いもんです。ほぼ毎日ミーティングからミーティングへと移動する忙しい毎日で観光らしいことは全く出来ないのがいつものパターン。今回は最終日の朝だけちょっと時間があったのでふらりとホテルの近所(ユニオンスクエア周辺)を歩いてきました。

通りがかりにモモフク Milk Bar でコーヒーとクロワッサンをかじる。

この黒ごまクロワッサン、タダモノではなかった。クロワッサンのくせに手に取るとどしっと重みがあって生地はふわっとしっとり〜。中にはクリームチーズとジャムが入ってるんです。コーヒーには全く力を入れていない(ドリップのみと寂しい。)とこなのでちょっとがっかりしたけどクロワッサンはおいしかった。

このドアの番号がなんか気に入った。

雪の日にみるサボテン、なんかいい。

行きたかったヴィンテージ屋さんは残念ながらまだ開いてなかった、、、。う〜、気になる。

I just came back from NY. It was a busy trip for me as usual but I had a great time working hard and seeing the people that were inspiring.

Although I didn’t get to see the city during the day too much this time, I had a morning free on my last day and I decided to go for a stroll around Union Square (my hotel was close there.).

It was only for about 2 hours, but it felt really refreshing wandering about the city.

Tags:

January 16th, 2011

Manhattan


(Manhattan, 1979)

今日から出張でニューヨーク行ってきます。今年第一弾の旅です。

色んな出会いがあふれるニューヨークは本当に魅力的な所です。

I’m going to NY today.

It’s a business trip for me…, but it’s my first trip of 2011 and I’m excited to be there.

Looking forward to new discoveries and happy accidents.

Tags: , , ,

January 15th, 2011

Monaka

Posted in Food, Japan No Comments;

海外生活をしていると和菓子と出会う機会が少ないんで、日本に帰った時はやたら凝ったケーキとかよりも素朴な日本のお菓子の方が断然魅力的に感じます。

茶道に熱心な父のお陰で今回も実家でちょこちょこと美味しい和菓子が出てきました。

その中でも印象に残ったのはこちら、笹間松葉最中です。

笹間の御菓子屋さんは昭和4年(1929年)に神田小川町にササマパン店として開業したのが始まりで昭和6年(1931年)頃に和菓子店を駿河台下に開店。その後昭和9年(1934年)にササマパン店を閉店して和菓子専門店となり、今でも和菓子作りの伝統を受け継ぐ東京の老舗です。

最中は軽くふわっとした皮としっとりこしあんのバランスがとても上品なお菓子です。

こういうあんこ独特の甘さは日本ならでは。昔はわからなかった美味しさです。

Monaka is a Japanese sweet made of azuki bean jam filling sandwiched between two thin crisp wafers made from mochi (rice cake).

This monaka is made by a company called “Sasama” in Tokyo, which started as a bakery in 1929 and opened a Japanese sweet shop in 1931. They closed the bakery and has become an established Japanese sweet shop since 1934 making the traditional sweets for Japanese tea ceremony.

As I’ve been living abroad for so long and don’t get to have the traditional Japanese sweets often, I appreciate the simple treats like this more than the decorative cakes when I’m at home.

日本的なパッケージも素敵。この四角い模様はもなかの形をイメージしてるのかな?

今回はお抹茶ではなくお煎茶で頂きました。

器は母の手作り。煎茶にも日本酒にも合う小振りの器は私のお気に入りです。

The cup was handmade by my mum and it’s one of my favourite cups at home.

It’s a perfect size for both Sencha and Sake.

Tags: ,