February 13th, 2011

Pon-Pon

「こんなとこに靴屋さん?珍しい」

西荻を散歩中(もう去年の秋のことになりますが。)、通りがかりの小さな家の表に植物の蔓と一緒にいくつか靴がぶら下がっているのが目に入ったのでそっと扉を押して入ってみました。

中は私が想像していたものとは全く違っていてびっくりしました。

ここは「Pon-Pon」という名の手作り靴専門店です。企画デザインから製造販売まで靴をここで一つ一つしっかり造っているんですね。カウンター越しに見える作業場は古い機械や沢山の道具が並んでいて私の興味を一気に引き付けました。

私は「作業場」というものにとても魅力を感じます。モノが作り上げられていく過程を見るのが好きなんです。ここでは靴を作っている現場を見たわけではないんですが、作業場と商品がこんなに近くに、そしてオープンに隣り合わせに並んでいる空間がとても印象的でした。

上は、中で作業中だったにも関わらず手を止めて気さくに対応してくれた靴職人の江口克司さんです。ふら〜と入ってきた私にも親切にお店のこと、西荻のこと、靴作りのことなど色々話を聞かしてくれました。

ここに並ぶ靴もそれぞれストーリーがあるんだと思います。私は靴作りのことはよく知らないけれど常に興味深い分野です。靴は履く人のパーソナリティーが出ますね。デザインもそうだけど革の質感や形のゆがみ具合なんかも「味」なんだと思います。Pon-Ponの靴はそういった味が楽しめながらずっと履けそうです。まだ一足も履いた事ないけど,この空間に入ってきて江口さんの話を聞いていてそれは伝わってきました。しっかりした構成と優しいデザインのバランス良いんです。

ちなみに「なんでポンポンなんですか?」って聞いたら、江口さんが「靴を作る時のトンカチのことをポンポンって言うんです」って教えてくれました。なるほど、ぴったりの名前です。

今度西荻に帰ってきた時は一足買いに行こうと思います。

The random shoes hanging outside the little building caught my eye. I was curious and decided to push the entrance door.

When I walked in, it was nothing like what I expected.

This is a shoe shop called “Pon-Pon”  (located in Nishiogikubo, Tokyo). They’re specialized in all handmade bespoke shoes.

It was a studio space more than a shop. The huge antique iron machine was in front of me and I noticed lots of boxes, name tags and a bunch of tools scattered around there.

They have work boots, hiking boots, dress shoes and all sorts, carefully handcrafted by the shoemakers using the old classic European technique. The design is unique and has a great balance of European and Japanese aesthetics.

I don’t know much about shoemaking, but I always find it fascinating.

Pon-Pon’s shoemaker, Katsuji Eguchi was kind enough to stop whatever he was doing at the desk, and he started telling me his stories about the shop, shoemaking, his family, etc.

It was almost a surreal experience for me in one afternoon. I didn’t expect to have such an interesting conversation with the shoemaker that I had never known before. I believe that every pair of shoes come with a story or maybe the customers bring their own and the stories would continue with the shoes and time from here again.

“Where did the name come from?”, I asked.

He said, “The shoemakers call their hammers Pon-Pon”.

I see! Pon-Pon is a word that describes the sound/action for pounding in Japanese.

*****

Pon-Pon (ポンポン)

東京都杉並区西荻北 4−35−7

4-35-7 Nishiogi Kita, Suginami-ku, Tokyo

Bookmark and Share

Tags: , , , , ,

You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “Pon-Pon”

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by Taro Motoda, Natsumi Akatsuka. Natsumi Akatsuka said: 西荻にある「ポンポン」という手作り靴専門店に行ってきました。(っていっても去年の11月の話だけど)ブログに写真アップです〜。 http://ht.ly/3VxPt [...]

Leave a Reply