April 13th, 2011

森の木琴 / Forest Xylophone

「森の木琴」

docomoが提案する木のケータイ、『TOUCH WOOD』のwebプロモーションムービーです。

音作りと木琴制作をメインで担当したのは「音を軸とした物作りでアナログ、デジタルをまたぐクリエイティブで活動中」のインビジブル・デザインズ・ラボ。素晴らしいチームです。

このビデオ制作のため福岡のサウンドアーティストやデザイナー、大工さん、学生さんと一緒になって、間伐材(スギ・ヒノキ)を使用した長さ44mの木琴を制作し、福岡県嘉麻市の地元の木材を材料に使用して古処山(こしょさん)という森の中で撮影されたそうです。

手作りの木琴の上を木の玉が転がってゆき音楽が生まれるという仕組み。
森の中の新鮮な空気と光の中で、優雅に流れゆく水の音がシンプルな木琴の音色と見事に調和しています。映像の透明感も心が癒されるようで、思わずほっと微笑んでしまいます。

あと、この作品のメイキングビデオは必見です。大好きです、こういう裏舞台。感動的。

素晴らしい作品を作ってくれて有り難う、と伝えたくなりますね。

This is a delightful commercial for DoCoMo (Japan mobile operator)’s mobile phone TOUCH WOOD made with the surplus wood of trees culled during thinning operations to maintain healthy forests.

A Japanese ad agency (Drill Inc.) went to the woods working with a design company called Invisible Designs Lab. in Fukuoka, Japan. They built the giant xylophone running down hill. A wooden ball was placed at the top of the xylophone ramp and then pushed down. As it plunks down the hill it plays Bach’s Cantata 147 also known as “Jesu, Joy of Man’s Desire.”

The director of the commercial says that the music is completely made with just the ball and the wooden xylophone planks, though some levels were adjusted.

Check out their wonderful Behind-the-Scenes video as well. I love it!

Bookmark and Share

Tags: , , , ,

You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “森の木琴 / Forest Xylophone”

  1. marieds says:

    waouh!!! that’s great!!! i love it too!!!
    ;D

  2. valeriealice says:

    This is super lovely

Leave a Reply