Archive for October, 2011

October 31st, 2011

Halloween

10月に入るとあちこちで見かけるハロウィーンのデコレーション。この時期のニューヨークでみる風景は一段と素敵な気がします。今回はブルックリンにある古い建物の並びがとても素敵なパークスロープというエリアをちょっと散歩してきました。

オレンジ色のかぼちゃも家それぞれに個性を出しています。気取った感じの凝ったデコレーションもあれば、ちょっと気の抜けた感じのもあって、そこに住む人のセンスやライフスタイルが垣間見られるようです。

散歩の後はお茶でも。パイが美味しいというカフェ「Sweet Melissa 」に寄ってきました。

もちろん選んだのはトラディショナルなパンプキンパイ。ほっとさせられる秋の味覚です。

初めて来てみたパークスロープ、まだまだ知らない事ばかり。魅力的な所があちこちに隠れているようです。今度来た時ははゆっくり時間をかけて色々散策してみたいです。

Tags: , , ,

October 29th, 2011

Xiao Long Bao

美味しい小籠包食べてきました。ニューヨークのチャイナタウンにいくつか小籠包で有名なレストランがあるらしく、ここ「Joe’s Ginger」も人気のお店らしいです。生地はもちっ、中はじゅわ〜っとコクのあるスープの入った小籠包、大満足なお味です。あまりにも美味しかったので1週間のうちに2回も行ってしまいました。

Tags: , , ,

October 28th, 2011

One Year of Books

たまたま最近こんなブログを見つけました。「One Year of Books

パリ在住の夫婦が自分たちのブックコレクションを写真に撮って紹介しています。

彼らのアートやフォトグラフィー関係の本の選び方のセンスに興味深いものがあります。

写真の撮り方がごくシンプルで私は好きです。彼らの目線からカメラを向けているので実際に自分で手に取って本を眺めているような感じで見られます。

本の下に写っている床やテーブルに置かれた小物、本を開いている手の動きや、部屋の中の光の感じなども自然そのまま。なんだか彼らのライフスタイルが垣間見れるようで面白いです。

あるようでなかなか無いコンセプト、久々に見つけたお気に入りブログです。

本を開いてる子供の手がまた可愛いのです。

***

I came across this great blog recently.

Run by a husband and wife living in Paris, it shows their growing book collection “One Year of Books“.

Not only I enjoy looking at their books here but also I love seeing the random things on the table, the floor, and their hands/legs beside the books. The way they document their collection is simple and natural, and I like their personable approach. It makes me want to start my own book collection as well.

(All photos via One Year of Books)

Tags: , , , ,

October 24th, 2011

Animal Mask

ハロウィーンにぴったりの可愛いマスク発見しました。

ニューヨーク在住のアーティスト( Amelia McIsaac)が全て手作りでデザインしているこのアニマルマスク。ウールも自分で飼っている羊の毛を使い、お庭に咲いてる草木を使って染色しているそうです 全てナチュラルな材料を使っていて、ハンドメイドの暖かさがホントに伝わってきます。(大人も子供も付けられる大きさのようです。詳しくはKALONへ。)

***

Super cute handmade masks by New York-based artisan, Amelia McIsaac. Using traditional techniques passed down through generations, all masks have been handmade from wool from Ameila’s own sheep and plant-dyed from her own garden.

Perfect for Halloween!

(Available at KALON)

 

Tags: , , ,

October 23rd, 2011

John’s of Bleeker Street

「ニューヨークらしいピザで絶対美味しいと思うのはここ」とNY在住歴の長い知人に連れて来てもらったのはJohn’s Pizzeria というマンハッタンでも老舗のピザ屋さん。

「No Slices」と書かれたサインが面白い。ここではピザ一切れだけ、と買う事は出来ないのです。食べるなら丸ごと一つ!というポリシーなんですね。

店内の壁は一面中こんな感じです。ここに食べに来た人達が書き(削り?)残していった名前やメッセージでびっしり、かなり年期が入ってます。

1929年に創業して以来からのオリジナルの店舗で今でも変わらない炭焼きブリックオーブンピザの旨さが受け継がれてます。

アパタイザーに頼んだミートボール。飾り気の無いこのクラシックなトマトソースとの味が嬉しい。

やっぱり大っきいニューヨークピザ。クラシックなマルガリータとブラックオリーブとソーセージのピザを半分ずつにして焼いてもらいました。外側はクリスピーな薄いピザ生地は中はもちっ。チーズとトマトソースのバランスもさすがです。おいし〜。

お店の雰囲気よりも味が勝負。ニューヨークで無性にピザが食べたくなった時に来ると大満足にさせてくれるレストランです。

ご馳走さまでした。

John’s Pizzeria of Bleeker Street

278 Bleecker Street New York, NY 10014

Tags: , ,

October 23rd, 2011

Sunday Brooklyn

Posted in Food, Travel 8 Comments

最近新しいカメラを買ったので嬉しくて、使い方もよくわからないまま外に出てパシャパシャ撮っています。

設定の仕方がわからないまま、ほら、ぶれてる。

ニコンユーザーの友人にちょっと相談してみたり。

あ、ちゃんと写った。

ブルックリンにある「Henry Public」という名のバー、何気なく入ったら中はとてもお洒落で素敵なとこでした。今度はビール一杯だけじゃなく、ゆっくり飲みに行きたいですね。

Henry Public 

329 Henry Street, Brooklyn 11201

そのバーの隣りにある日本食レストラン「日比の」に行ってきました。ここの食事はどれも優しい日本の味。ブルックリンと東京のどこか丁度中間のような感じ。落ち着ける雰囲気がとても良かったです。

(あ、またピントがぶれてましたね。)

デザートに豆乳プリン食べました。ふんわりなめらか、上品な甘さにほっとさせられます。入れ物もかわいい。

ご馳走さま。この日も良い一日でした。

Hibino Japanese Restaurant

333 Henry Street, Brooklyn, NY 11201 (@ corner of Henry & Pacific)

Tags: , , , ,

October 20th, 2011

Brook Farm General Store

前回のポストに続き今度は友人に連れられブルックリンのWilliamsburgにある「Brook Farm General Store」という素敵な雑貨屋さんを紹介してもらいました。

店内の様子はちょっと東京にもありそうな感じですっきり綺麗な内装。ありとあらゆる生活雑貨、小物類が几帳面にディスプレイされています。上の写真の中央に写っているのは木製の子供用ガラガラです。ここはシンプルなデザインで良質な物のセレクトがとても上手だと思います。こんな小物に囲まれて暮らせたら素敵だろ〜な〜、と思うような物ばかり。

たくさん色々置いてるのにすっきり見やすいディスプレイにセンスの良さを感じます。

奥に行くとちょっとした中庭がありました。素っ気ない感じの白と灰色のバランスがなかなか素敵な風景です。

新たにお気に入りショップが増えました。また来よう。

Brook Farm General Store

75 South 6th St (between Berry & Wythe), Brooklyn NY, 11249.

Tags: , , , ,

October 18th, 2011

Moon River Chattel

お天気の良い日曜日の午後、又々ブルックリンの方へぶらっと出かけてきました。

たまたま通りかかった静かな通りに、「Moon River Chattel」と名前のついた看板の着いたお店を発見。外観からしてなんとなくお洒落だったので中に入ってみました。

中は想像以上に素敵なこのお店。キッチン用具やステーショナリー、家具、ガーデニング用具等インテリアに関して色々揃うお洒落な雑貨屋さんです。

奥に行くとレンガに囲まれた素敵な中庭が見えます。

ベッドリネンやタオル等もどれも良い生地ばかりの物がそろってます。

中には入らなかったけど通りの向かいのビルではここのアンティーク家具等を売っているそうです。

これ買ってきました。この生地、ルーマニアの古い織機で手作りされた生地だそうです。ごわごわしてていい感じです。

 Moon River Chattel

62 Grand Street (between Kent Ave & Wythe Ave) Brooklyn, NY 11211

Tags: , , ,

October 16th, 2011

Watchmaker (Tokyo)

ニューヨークの時計屋さんに引き続き、ここは以前東京(西荻)で見つけた貴重な時計屋さんです。去年、長い間動いていないまま保管されていたおじいちゃんの時計を見つけたので、実家の近所にあるこのお店をたまたま見つけて入ってみたんです。なぜ看板は「めがね」なのか不思議な程、店の中は時計だらけでびっくりしました。

店の奥に座っているおじいさんが時計を熱心に見てくれて、しっかり直してくれました。

こういうお店は貴重な存在ですね。

玉宝堂

東京都杉並区西荻南2丁目24-7

***

My grandfather’s old watch was stored and forgotten in a box and it probably stopped working for a few decades. In Tokyo last year, I took it to this small watch store with the sign that said “glasses”.

The store inside was filled with old clocks and watches, and there was just “stuff” everywhere. I almost didn’t notice the old gentleman sitting at the back of the store. He is the excellent watchmaker that gave my grandfather’s watch a life again.

Very rare spot.

Tags: , , , , ,

October 16th, 2011

Watchmaker

私には大切にしている腕時計が二つあります。一つはおじいちゃんの、もう一つはおばあちゃんが昔していた古い腕時計です。三ヶ月程前におじいちゃんの時計が壊れ,しばらく信頼の出来る時計屋さんを探していたところ、たまたまヴィンテージ時計好きの人を知っていた友人から「古い時計の修理ならここが良い」という情報をもらいました。

先日その時計おじさんを訪ねてみる事にしました。

ニューヨークの騒がしいチャイナタウンを通り抜けて、ジュエリー専門のモールがずらっと建ち並ぶ一角にあるビルが目的地です。中に入って奥へ進むと、小さな机に向かって黙々と作業をしているおじいさんがいました。彼がそのウォッチメーカー、William Schneier、通称ウィリーです。

片言の会話を交わし、私の壊れた時計を見せると彼は特に何も言わずに時計の修理をし始めました。

ガラスのショーケースには廃れた腕時計がぽろっと2個くらいしか入っていなかったけど、彼の机の上や引き出しの中は細かい部品や道具等で一杯でした。かなり年期が入っている感じです。

私のおじいちゃんが1950年代頃に購入したと思われるこの古い腕時計。無事修理が終わり、コチコチと動き出しました。

ついでにおばあちゃんの腕時計のストラップも新しく付け替えてもらいました。腕時計のストラップ等の在庫はあまり無いようでしたが、年期の入った古い箱をもそもそと引っ張り出して見せてくれたので、私はその箱の中からこのトカゲの皮のストラップを発見。色もサイズもばっちり、ラッキーでした。

 このおじいさん、タダモノではなさそうです。

***

I have an old watch from my grandfather and it needed to be fixed. Someone told me to go see William, the watchmaker. He is an old gentleman with few words. He quietly looked at my watch and handed it back to me in 5 minutes.

It started ticking again.

I found a beautiful leather watch band by accident from one of his old boxes that were piled up underneath his desk. It was a perfect size and colour for my another precious watch, that used be my grandmother’s.

It was magic.

***

William Schneier Watch Repair

72 Bowery
(between Canal St & Bayard St)
Manhattan, NY 10013

Tags: , , ,