Posts Tagged ‘Art’

March 14th, 2013

Red Balloons

DSC_0986DSC_0985DSC_0981DSC_0979DSC_0989DSC_1006DSC_1027DSC_1043DSC_1046DSC_1038

Some shots from a house party that Nathalee threw last month.

She put together such wonderful decoration at her place and I love how she always makes it so effortlessly, yet, it looks amazing every time.

Thanks for the magical night, Nathalee!

(I also love her kitchen space filled with lots of beautiful dried flowers (below). Sooooo nice. )

DSC_0932DSC_0933DSC_0934DSC_0938DSC_0953DSC_0949DSC_0946

Tags: , , , , ,

March 13th, 2013

Nathalee’s Dreamcatcher

DSC_1065Some “Behind-the Scene” shots from a photo shoot I did last month for my good friend Nathalee = a super talented artist. We had a lot of fun that day. (She’ll be launching her new website soon. Looking forward to sharing more info here with you!.)

DSC_1067

DSC_1071DSC_1079

Some kids in the park started to gather around and helped us out while we were trying to hang up the big dreamcatcher. So cute!

DSC_1195

DSC_1124DSC_1143DSC_1181DSC_1215DSC_1075DSC_1218

Nathalee’s been making beautiful decorations for window displays, art galleries, music shows and such. Her dream catcher is one of my favorites. She has an excellent taste in design and her art is really who she is. So fun, delightful and joyful.

This is just one of the many photo shoots we’ve done together recently. More to share here soon! Stay tuned.

Tags: , , , ,

January 4th, 2013

Deneuve Window Display

DSC_0588DSC_0589DSC_0591DSC_0592DSC_0600DSC_0596DSC_0597I just remembered this window display I saw in Paris last fall. It was so charming. Oh Paris!

(Le Bon Marché ‘s 160th anniversary window display with Catherine Deneuve, portrayed by Marjane Satrapi.)

Tags: , , , ,

July 1st, 2012

poool

Posted in Japan, Travel 2 Comments

4月に帰国した時にまた一つ素敵な場所に出会いました。

Poool」という名のギャラリーショップ。ちょっと古い感じの建物の一階にひっそりと存在しています。ここでは国内外のクリエイターたちと共に、日々の暮らしをちょっとだけ「特別」なものにしてくれるモノたちが紹介、提案されています。

 吉祥寺は昔から馴染みのある街だけど、こんな素敵な空間を発見したのは久しぶりでした。

この日、陶芸作家の個展が開かれていました。私好みの陶器の作品がバランス良くディスプレイされ、どれも素晴らしい作品ばかり、とても印象的でした。

ここに一歩踏み入れたとたん私は一瞬にしてこの場所に心惹かれました。中の大きな窓から差し込む自然光が中の空間をゆったりと照らし、時間の流れを忘れてしまうほどでした。

シンプルで良質なものに触れていると「こんな風なライフスタイルの中で暮らしてみたい」という私の理想像をどんどん膨らませてくれます。

またお気に入りの場所が一つ増えましたね。

Tags: , , , , , ,

January 22nd, 2012

Maurizio Cattelan: All

グッゲンハイム美術館では2012年1月22日までの期間中、現代アーティストMaurizio Cattelan(マウリツィオ・カテラン)の衝撃的なアート「All」が展示されていました。このエキシビジョンは公開される前から私は楽しみにしていたので、去年の秋オープン後に見に行った時はかなり感激でした。

カテランは1960年生まれ、イタリアのアーティスト。ベネチア・ビエンナーレで自分が受け持つ展示スペースを広告代理店に貸し出し、香水の広告の看板を展示したり、ローマ法王ジョン・ポール2世に隕石が落下しているインスタレーションなど、体制や権威に真正面から反発する作品を皮肉たっぷり、毒っけたっぷりで見せる事で知られています。

グッゲンハイム美術館の建内は傾斜のついた展示スペースが螺旋状に広がっています。通常平らなスペースで見られることを想定して制作されている作品を展示する側にも、観る側にも毎回工夫をこらした展示スタイルが期待出来る場所です。

今回、マウリツィオ・カテランが挑んだのは「壁に展示一切なし。」というスタイル。螺旋状の円形の吹き抜けにこれまでの作品をほぼすべて吊り下げるという前代未聞の方法で、難しいと言われるグッゲンハイムでの展示を見事に成功させました。

大衆文化、歴史、宗教など、人間や動物のあらゆる境遇が無数のオブジェによって表現された作品は、大胆に天窓から吊り下げられていて正に圧倒的でした。
この作品はNYタイムズでも「この半世紀、同館で展示されてきたどの展覧会よりも独創的で斬新」と紹介されたほどです。

作品は下から見るのと上階から見下ろしてみるのとはまた随分印象が違っていました。見る位置を変える度に新たな発見があり、みんなも中央にぶら下げられた作品に吸い込まれるようにして熱心に見入っていました。

グッゲンハイム美術館は建築家フランク・ロイド・ライトがデザインしたことでも有名でニューヨークのシンボル的存在です。ここでしか体験出来ないアートの魅力はさすが、という感じですね。

Tags: , , ,

May 30th, 2011

Alexa’s Book (and lunch)

これは先日フォトグラファーの友人アレクサが自己出版で作成した写真集です。これは3年近くにわたって彼女が故郷ドイツの「採石場」で収めてきた写真をセレクトした本です。

この日はアレクサに頼まれてビデオ撮影のためお手伝いしてきました。って言っても私の役割はビデオで見て分かるように,本のページを一枚一枚めくる係。そう、この手は私の手なんです。撮影場所は私のアパートメントの窓際に置いたテーブルです。

アレクサはとっても才能のある写真家だと思います。ドイツ人の彼女と私ははなぜか色々好みや興味のあるものが似ていて、初めて彼女の写真を見た瞬間から何か引き付けられるものがあるのを感じていました。彼女の作品はどれも本当に素敵なんです。私はこの人はいつかもの凄く素晴らしい写真家になるんじゃないかと密かに思っています。

***

This is a photography book that my friend Alexa has just launched recently.

Her work is absolutely amazing. Every picture is breathtaking and makes me want to be in the space, wherever that’s in the pictures.

I feel so lucky to know such a talented photographer as my friend. I’ve been a biggest fan of her work since I first met her.

Her books will be available for purchase on her website soon.

She asked me to help her with filming her book the other day. She came over my apartment and explained how she wanted to shoot. All I had to do was to turn the pages like I would normally do while she was filming. (Yes, they are my hands in the video.) It was a very simple process and I like the result very much.

彼女はこの撮影の日、ランチを作って持ってきてくれました。

Alexa brought the lunch that she made for us.

ケール(キャベツの一種)とアボカドのサラダ。チェリートマトとスライスしたリンゴも入っていてます。味付けはごくシンプル。オリーブオイルとアボカドを潰したものに野菜を和えて、塩を加えて良く混ぜてレモンを搾ってさっぱりと仕上げるだけ。

夏の味がしました。

Alexa’s “Kale & Avocado Salad” was so fresh and delicious.

With some sliced apple and cherry tomatoes, mixed together in olive oil, lemon and salt.

It tasted like summer.

Thank you, Alexa!

***

キッチン・クワイエット」というタイトルで彼女はウェブログもやっています。ここでは彼女の素晴らしい世界がもっとよく見れます。

この独特の色の捉え方、時間の流れ方がとても好きなんです。
彼女の写真を見ているといつも心の奥がす〜っとしてくるようです。

She also has a wonderful weblog called “a kitchen quiet“.  I like the way she sees the colours and the light through her lens, and how time flows in her frames.

(“Paris” by Alexa Kirsten Stroth)

(“Genoa” by  Alexa Kirsten Stroth)

(“Street Cleaners” by Alexa Kirsten Stroth)

 

Tags: , , , , , , ,

May 21st, 2011

Your Time Is Up

この映画「砂丘」私はまだ見た事ないけど、このさまざまな物が爆破されていくスローモーションの映像は有名です。

突然思い出したこのシーン。この前、頭の中が正にこんな感じだった。

A sensational explosion scene from Zabriskie Point (directed by Michelangelo Antonioni, 1970.) with a song “Come in Number 51, Your Time Is Up”  by Pink Floyd.

This just came to my mind suddenly the other day.

 

Tags: , , , ,

May 1st, 2011

Pina

pina

dance dance,

otherwise

we are lost

***

このヴィム・ウェンダースの新作がかなり楽しみです。

2009年に他界してしまったドイツのバレエダンサー、バレエとコンテンポラリー・ダンスの振付家として有名なピナ・バウシュを主人公にしたドキュメンタリーです。ヴィム・ウェンダースが彼女に捧げるオマージュとして製作したこの作品、予告編からもの凄い何かを感じずにはいられません。

私はダンスの事は全く知らないし彼女の名前すら聞いた事も無かったけど、興味深々。

ヴィム・ウェンダースの作品だと言うだけで飛び上がるほどの私にとって、この映画は期待以上にすごい作品。しかも3Dだし。一気に私の「今年一番見たい映画」のトップに上がりました。

***

Just heard about this movie recently and I’m really excited.

PINA is a feature-length dance film in 3D by Wim Wenders (I’m a huge fan.) with the ensemble of the Tanztheater Wuppertal Pina Bausch, featuring the unique and inspiring art of the great German choreographer, who died in the summer of 2009.

Has dance on film ever looked so beautiful before? This film looks absolutely sensational.

Tags: , , , , , , ,

April 13th, 2011

森の木琴 / Forest Xylophone

「森の木琴」

docomoが提案する木のケータイ、『TOUCH WOOD』のwebプロモーションムービーです。

音作りと木琴制作をメインで担当したのは「音を軸とした物作りでアナログ、デジタルをまたぐクリエイティブで活動中」のインビジブル・デザインズ・ラボ。素晴らしいチームです。

このビデオ制作のため福岡のサウンドアーティストやデザイナー、大工さん、学生さんと一緒になって、間伐材(スギ・ヒノキ)を使用した長さ44mの木琴を制作し、福岡県嘉麻市の地元の木材を材料に使用して古処山(こしょさん)という森の中で撮影されたそうです。

手作りの木琴の上を木の玉が転がってゆき音楽が生まれるという仕組み。
森の中の新鮮な空気と光の中で、優雅に流れゆく水の音がシンプルな木琴の音色と見事に調和しています。映像の透明感も心が癒されるようで、思わずほっと微笑んでしまいます。

あと、この作品のメイキングビデオは必見です。大好きです、こういう裏舞台。感動的。

素晴らしい作品を作ってくれて有り難う、と伝えたくなりますね。

This is a delightful commercial for DoCoMo (Japan mobile operator)’s mobile phone TOUCH WOOD made with the surplus wood of trees culled during thinning operations to maintain healthy forests.

A Japanese ad agency (Drill Inc.) went to the woods working with a design company called Invisible Designs Lab. in Fukuoka, Japan. They built the giant xylophone running down hill. A wooden ball was placed at the top of the xylophone ramp and then pushed down. As it plunks down the hill it plays Bach’s Cantata 147 also known as “Jesu, Joy of Man’s Desire.”

The director of the commercial says that the music is completely made with just the ball and the wooden xylophone planks, though some levels were adjusted.

Check out their wonderful Behind-the-Scenes video as well. I love it!

Tags: , , , ,